頬 白ニキビ

頬にできる白ニキビは家庭でのケアで改善できる

スポンサーリンク

頬にできる白ニキビは、古い角質が蓄積して毛穴に詰まり、皮脂がスムーズに排泄されずに皮膚が盛り上がった状態を指しています。
赤ニキビと違い、炎症を起こしていない状態であるため、早めの対策や処置によってニキビ跡などの色素沈着を招かず、肌再生が可能です。
白ニキビは毛穴塞ぎとなる皮脂が外に出られない状態であり、角質が主な原因であるものの、頬の場合には落とし切れていないファンデーションやチークなどの化粧品によってもできてしまいやすい特徴が挙げられています。
10代では皮脂分泌も過剰になりやすく、栄養バランスの偏りや不規則な生活習慣などのホルモンバランスも関与しています。
また月経前には黄体ホルモンが優位に立ち、皮脂が過剰に分泌されるためにニキビが作られやすく、女性の場合には月経時にも対策は必要となります。
頬は顔の中心に位置するため、塗り薬によるケアは夜に集中して行うことがポイントで、女性ホルモンの活性化も同時に図ることができます。

スポンサーリンク

毛穴の詰まりを除去することが大切で、厚くなった角質の角化を改善させるためにはピーリング治療も皮膚科で提案されています。
家庭での対策としてドクターズコスメを用いることが後々、肌トラブルに繋げないために重要となり、AHA配合のソープやローションなどでピーリングケアを行い、頬の毛穴を引き締めて清潔な肌環境を保つことがポイントです。
またスキンケアにおいては、オイルフリーの化粧品を使用することが新たに白ニキビを作らないためのポイントで、優しくメイクオフできる水クレンジングなども適しています。
また、肌環境は身体の内側からも改善を図ることができるため、栄養バランスの良い食事にも気を配ることが大切です。
皮脂分泌が活発化されやすいのは甘いものや揚げ物などであり、控えることが重要です。
果物などに含まれるビタミンCなどを積極的に摂取することで整肌作用が働き、滑らかな頬に導きますが、ビタミンCは熱に弱いために調理では生で摂取することも重要視すべき内容で、規則正しい生活習慣が炎症を引き起こさず、自然治癒を高め、治すためのポイントとなります。

スポンサーリンク