頬骨 押すと痛い

頬骨を押すと痛いときには

スポンサーリンク

人間は毎日の生活の中で、仕事や家事などで疲れています。
この疲れに関しては体のさまざまなところに現れるようになっています。
とくに首や肩などに痛みや疲れが現れることが多くなっていますが、年齢を重ねるにつれて顔に疲れを感じるという人も多くなっています。
若い頃は顔に疲れを感じることはほとんどなかったという人でも、ある程度年齢を重ねると、とくに女性は顔に疲れを感じている人が多くなっています。
これはマッサージや化粧をするときに気がつくことが多くなっています。
とくに顔にはたくさんのツボがありますが、ここを刺激したときに痛みを感じることがあります。
女優など顔を使う仕事をしている人は疲れを感じていることが多いと考えますが、会社員として働いている人でも顔に疲れを感じている人が少なくありません。
そこで疲れがたまっているかを確認する方法があります。
それが頬骨を刺激するという方法です。
頬骨の下を押すと痛いと感じる場合には、疲れがたまっている証拠です。

スポンサーリンク

目の下にある頬骨の下を押すと痛いと感じる場合には、この部分に疲れがたまっています。
頬骨の下以外でも、鼻の横であったり目の周りの骨を押すと痛いと感じることがあります。
少し痛くて気持ちいいと感じる程度であれば、足のツボ押しのように押したり離したりということを繰り返します。
こうすることで疲れを取り除くことができます。
しかしあまりにも痛みがひどいという場合には、顔の疲れだけが原因となっていない可能性もあります。
この場合同時に体も疲れていると考えることができます。
顔にはいくつかの筋肉がありますが、ここは独立しているというものではなく、肩や鎖骨の下を通ってつながっています。
したがって首や肩の筋肉が硬くなっているということであれば、顔の筋肉まで緊張していることになります。
とくに注意をしなければいけない人は、首や肩が凝っているという人、姿勢が悪い人となっています顔の筋肉が疲れているときには、この部分をマッサージすると効果があると考えますが、まずは首や肩の疲れを解消することが必要になります。

スポンサーリンク