頬 肉割れ

頬に肉割れができる原因とは

スポンサーリンク

例えば妊娠をした時や急激に太ってしまった場合などに肉割れができることがあります。
この肉割れは別名をストレッチマークと呼び、皮膚が大きなダメージを受けている状態になっています。
主な原因としては、真皮にあるコラーゲン層が避ける事が挙げられます。
またできる場所としては多くの場合は太ももやふくらはぎ、お腹や二の腕になりますが、頬にできるケースもあります。
一般的に頬は皮脂の分泌量が多いので、乾燥しにくく皮膚が硬くなりにくいので肉割れは起きにくいとされています。
しかし無理なダイエットや激太り、ハードなトレーニングなどが原因で起こる事があります。
このような理由から多くの方が筋肉の問題だと誤認していますが、実は上記のように筋肉の上にある真皮が問題になっています。
なお頬にできてしまった場合は、その他の場合と比べて隠す事が難しいとされています。
なので一刻も早く適切な対応をする事が重要なポイントになると言えます。

スポンサーリンク

肉割れは皮膚の奥にある真皮が傷ついた事が原因になります。
基本的に表皮はターンオーバーしますので一ヶ月から40日程度で生まれ変わるとされています。
しかし真皮はターンオーバーは5年から7年とされていますが、明確な根拠は無く肉割れがずっと残ってしまう事があります。
なので根本的な対処法は無く、現在のところは化粧品などを使用して隠す事が対処法になります。
化粧下地とコンシーラーを活用して、気になる部分を上からカバーする必要があります。
またストレッチマークに効果があるとされている商品を使用する事も良い選択になると言えます。
なお美容整形で治療すると言う方法もあります。
肉割れの治療として美容整形で皮下組織を修復する方法がありますが、この方法はまだまだ途上段階になります。
報告例も少数になりますしこれから副作用やトラブルなどが発覚する可能性がありますので、この方法をとる場合には、慎重な判断をする事が求められます。

スポンサーリンク