頬がこける 病気

頬がこけるのは病気が原因となっている事もある

スポンサーリンク

痩せすぎてしまうと頬がこける事があります。
しかし、体重が落ちた訳でもないのに頬がこけたという場合もあるのです。
そういった場合には、何らかの病気が原因となっている可能性を疑う必要が出てきます。
まず、頬がこける原因として分かっているものは「ストレス」です。
「ストレス」を感じていると、思いっきり笑うという事が難しくなり、笑わなくなる事によって無表情でいる事が多くなり、無表情になると表情筋が衰えてしまい、頬がこける事に繋がります。
また、「ストレス」は免疫力を下げてしまう原因とも言えるので、様々な病気になってしまうリスクが高くなるといった事も分かっています。
それでは、頬がこけるという症状が現れる原因となる病気とはどのようなものがあるのでしょうか。
その種類や何故このような症状が現れるのかという理由について詳しく説明していきます。
まず、頬がこけてしまう病気はバセドウ病や糖尿病という2つの病気が関係しています。

スポンサーリンク

バセドウ病とは、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるというものであり、その甲状腺ホルモンが過剰に分泌される事によって、エネルギーの消費量が増加し、激やせするといった事に繋がり、頬がこけてしまいます。
糖尿病は、生活習慣病の1つであり、血糖値が高い事によって診断されるものです。
肥満体型の人がなりやすいイメージが強い糖尿病ですが、重度であったり、1型の糖尿病であれば、痩せすぎである人が多いのだという事が分かっているので、痩せすぎる事で、頬が頬がこけるという症状が現れます。
また、病気ではないのですが、虫歯や抜け歯などによっても頬がこける事があります。
虫歯や抜け歯などがある場合には、噛み合わせが悪くなってしまうので、片方のみで咀嚼している事が多くなります。
片方のみで咀嚼すると、顎のバランスが悪くなり、表情筋が衰え、頬がこけてしまうという事になります。
このように、様々な原因によって頬がこけてしまうという事が分かっているので、頬がこけやすい状態になっている人は注意しておきましょう。

スポンサーリンク