頬が痛い 原因

頬が痛いと感じることがある原因について

スポンサーリンク

突然頬が痛いと感じることになった場合においては必ず原因というものがあり、いくつかの要因が考えられます。
1つめの要因として副鼻腔炎や鼻づまりとなっている場合において、突然頬が痛いと感じてしまうことがあります。
原因についての説明ですが、副鼻腔という場所は頬骨の近くにあることが特徴となっています。
しかしこれらの病気になってしまうことで、副鼻腔という場所に膿が一時的に貯まってしまうことになります。
それが人によって痛みを感じさせるケースがあり、頬が痛い原因となってしまいます。
解決策や治療法については、鼻の病気ということなので耳鼻科を受診して完治させる必要があります。
耳鼻科では鼻の膿を取る専用の医療機器が備えられており、患者の容体に合わせて摘出をしていきます。
副鼻腔炎の治療において良く使用されるので、比較的短時間で症状を改善することが出来ます。
その後薬も処方されることがあるため、それを服用することで予防することも可能です。

スポンサーリンク

 2つめの突然頬が痛いと感じてしまう原因についてですが、虫歯が悪化してしまうことでも発症することがあります。
歯と頬の神経は繋がっているため、虫歯があると一般的に痛みを定期的に感じることが多いです。
そのため虫歯の症状が悪化してしまうことによって、その痛みが頬の神経にまで伝わってしまうことがあるので注意が必要です。
虫歯というものは、歯科クリニックでないと完治することが出来ない歯の病気となっています。
自然治癒することはない病気や症状となっており、早期発見及びに治療が推奨されていることが特徴です。
一般歯科という診療科で治療が行えるため、虫歯があることで頬が痛いと感じることがあります。
こちらも耳鼻科での治療同様に、保険適用内で治療が出来ることが特徴となっています。
ですが予約が必要なクリニックが多いため、その点については注意が必要です。
虫歯が放置するとどんどん悪化していくので、なるべく早めに治療することがポイントとなります。

スポンサーリンク