頬骨 痛い ストレス

ストレスで頬骨が痛い場合の対処法

スポンサーリンク

ストレスを持続的に感じると、体の様々な部位に不調が出ることは広く知られていますが、顔や筋肉に影響が出ることはあまり知られていません。
一方で、顔に慢性的なストレスの症状が出る人は多く、頬骨あたりが痛いという症状を抱えている人もいます。
今回はその頬骨の痛みについて、詳しく解説します。
ストレスで頬骨が痛くなるメカニズムとしては、顔の筋肉の緊張が挙げられます。
ストレスで肩が凝って痛いという症状はほとんどの人が感じたことがあるものですが、それは肩の筋肉が緊張したり、血行が悪くなることで筋肉が硬直し、結果的に痛みや重さ、だるさを感じるという症状に繋がります。
それと同じことが、実は顔の筋肉においても起こります。
顔の筋肉は肩や腕と違い、頭蓋骨に薄く、密接にくっついています。
そのため、顔の筋肉がストレスで緊張、硬直すると骨格が圧迫されるため、頬骨が痛いという症状を感じることがあります。
このように、顔の痛みには筋肉が大きく関連しています。

スポンサーリンク

頬骨の痛みは顔の筋肉の変化が原因ですから、その変化を元に戻してあげることが痛みの解消に繋がります。
まず、第一の方法としては顔のマッサージが効果的です。
手のひらで頬を軽く押さえてマッサージしてあげると、すっきりした感覚を得られますし、顔の見た目も変わってきます。
顔の筋肉は全体で繋がっているため、額や首、顎の筋肉をほぐしてあげることも非常に効果的です。
マッサージの際は、ローションなどをつけて肌を傷めないように気をつけましょう。
第二の方法は、ホットタオルで顔全体を拭くことです。
ホットタオルは濡らしたタオルを巻いて、電子レンジで10秒単位で加熱し、熱すぎない触り心地になれば準備完了です。
まずはタオルを広げ、顔全体にかぶせて軽く押さえます。
その後は頬や額など、硬直しやすい筋肉の部位に軽く押しあてるようにします。
この方法は、ストレスで血行が悪くなった顔の筋肉の血の巡りをよくすることに効果的です。
以上のように、頬骨が痛い症状はマッサージとホットタオルで解消しましょう。

スポンサーリンク