頬がこける 原因 治し方

頬がこける原因と治し方について

スポンサーリンク

一般的に頬がこける原因は痩せすぎとされています。
しかしその他にも頬のたるみが原因になっている場合があります。
基本的にたるみと頬がこける事は無関係に思えますが、実は密接な関係にあります。
たるみの原因は肌にハリや弾力が無くなる事で肉が下に垂れ下がる事になります。
したがって頬の肉が元々少ない方は、垂れ下がることによってこけて見えるようになります。
なお痩せすぎやたるみが原因でない場合には、病気や噛み合わせが原因になっている可能性が高いので医師の診察を受ける必要があります。
また頬がこけやすい人の特徴としては、スレンダー体型の方や高齢で表情筋が衰えている方、面長の方や頬骨が張っている方などが挙げられます。
なので上記の特徴に当てはまる方は、顔のたるみを予防したりすることが重要なポイントになります。
頬がこける事は人に良い印象を与える事はほとんどありませんので、出来る限りそうならないようにする事が求められます。

スポンサーリンク

頬にがこけてしまった場合の治し方としては、まずは表情筋トレーニングが挙げられます。
この表情筋トレーニングとは、その名の通り表情筋を鍛える方法になります。
表情筋は表情を作るだけではなくリフトアップ効果も持っていますので、表情筋を鍛える事はたるみの防止に効果的な方法とされています。
ただし即効性は期待できませんので、継続して根気よく行う事が重要になります。
他の治し方としては、肌のハリや弾力を戻す事が挙げられます。
基本的に肌のハリや弾力はコラーゲンやエラスチンが元になっています。
ある程度年齢を重ねると肌のターンオーバー周期が遅れ、コラーゲンやエラスチンが不足しがちになります。
したがってコラーゲンやエラスチンを多く含む食品を積極的に摂取したり、それでも補いきれない場合にはサプリメントなどを併用する事が効果的な治し方になります。
なおこちらの場合も継続して行う必要がありますので、毎日根気よく摂取する事が重要になります。

スポンサーリンク